顔にシミを作らないために日頃から気をつけておきたいことは?

ちょっと油断をすると
顔に茶色いシミが出来てしまったという・・
経験は誰にでもあることです。

年齢による影響は大抵の人にあるもので
顔にシミができることも必然といえます。

ですが、日頃からきちんとした

顔のシミ対策をしていれば十分に予防することはできます。

顔に紫外線が到達しないように、ガードを固めましょう。

ファンデーションを塗る前に
日焼け止めクリームをつけるなどの対応が効果的です。

最近は、紫外線を遮る成分が
配合されているファンデーションもありますので
より確実な紫外線対策ができます。

ですが、この日焼け止めクリームは強い日差しの下では
長い時間に渡って紫外線防止の効果を維持することができません。

屋外で活動する時は、2時間おきに
日焼け止めクリームを塗り直すと効果的です。

最近、塗るタイプの日焼け止めのほかに
飲むタイプの日焼け止めサプリメントが販売されています。

皮膚に塗るタイプは、紫外線がお肌に影響を
及ぼさないように防ぐことを目的としています。

一方で、日焼け止め効果があるというサプリメントは
紫外線の作用によって肌で生成される

メラニン色素の増加を抑制するというものです。

紫外線から顔を守り、シミを増やさないようにするには
日焼け止めクリームを塗りつつ

サプリメントを効果的に使う方法もあるんですね。

加齢の影響で肌にシミが増えることを
気に病む女性は大勢いますが(私もですがw)

大抵は30代を越えた頃から目につくようになるものです。

シミができる理由はいくつかありますが
中でも大きなものは紫外線の影響によって

肌細胞にメラニン色素か沈着することだと言われています。

一度、シミが出来ると
なかなか簡単には色を薄くすることができません。

シミとして肌に定着する前の段階なら

美白効果があるハイドロキノン
クリームや化粧水などの形でつけておくとシミ消去が可能です。

美白クリームは、シミ取りクリームという
表現がされていることもありますが

いくつものメーカーの商品があるためどれを使うかも大事です。

一般的に使われている美容クリームはどれもよく似ていて
シミ取り効果への期待感も大差ありません。

ローションタイプや、クリームタイプなど
美容液には幾つかの種類がありますので

どれが自分の肌質に合っているかを確認するといいでしょう。

シミ取り成分が配合されたオールインワン化粧品も使いやすい商品です。

美白オールインワンゲルなら、これ一つで
シミ取りのための美白効果や保湿効果がしっかり得られるので

トータルなスキンケアに適していると言えます。

時間に余裕がない朝のスキンケアタイムでも
オールインワンタイプの商品なら効率的なケアが可能です。

お肌の上で伸ばしやすいゲルクリームなら
少量で肌の隅々まで塗ることもできます。

シミ取り効果が期待できるオールインワンクリームで

こまめにお手入れをしておくことで
なめらかな白い肌を保つように頑張りたいですね!

2017年11月25日 顔にシミを作らないために日頃から気をつけておきたいことは? はコメントを受け付けていません。 美肌を目指そう!