洗顔の元来の目的って何だろう?

洗顔して直ぐというのは
肌の表面にこびり付いていた状態の
汚れ又は皮脂が綺麗に除去されますから

その次にお手入れの為につける化粧水や
美容液の成分が肌に入りやすくなり

肌に潤いを提供することが可能になるのです。

洗顔の元来の目的は、酸化して張り付いた皮脂または
メイクなどの汚れだけを除去することだと考えます。

ところがどっこい、肌にとって必須の皮脂まで
取り除けてしまうような洗顔に
時間を割いている方も多いようですね。

マジに「洗顔を行なったりせずに美肌になってみたい!」
と考えているとしたら、誤解しないために

「洗顔しない」の実際的な意味
100パーセント頭に入れることが大切だと考えます。

当然みたいに使用しているボディソープでありますから
肌に悪影響を及ぼさないものを使わなければいけません。

でも、ボディソープの中には
肌が荒れるものも見られるのです。

自己判断で度が過ぎるスキンケアを施しても
肌荒れのドラマティックな改善は困難なので

肌荒れ対策を手掛ける折は、堅実に本当の状況を
見直してからにしなければなりません。

アレルギーに端を発する敏感肌でしたら
専門家に診てもらうことが絶対必要ですが

生活サイクルが素因の敏感肌なら、それを修正したら
敏感肌も治癒すると思われます。

スキンケアと申しても、皮膚の元となっている表皮と
その中を構成する角質層までしか効果を及ぼしませんが

この必要不可欠な角質層は、酸素の通過もブロックするほど
堅牢な層になっていると言われています。

お肌が紫外線によりダメージを受けると
それ以降もメラニン生成がストップされることはなく

延々メラニンを製造し続けそれがシミの主因に
なるという原理・原則なわけです。

「日焼けをしてしまったという状況なのに、事後のケアもせず
看過していたら、シミになっちゃった!」という例みたいに

一年中意識している方でありましても
気が抜けてしまうことは起こり得るのです。

「日本人に関しては、お風呂でリラックスしたいと考えてか
長い時間入浴し過ぎたり、お肌を磨きすぎたりして
乾燥肌へと進んでしまう人が結構な数にのぼる。」

と言っている皮膚科の先生も見受けられます。

女性に肌の望みを聞くと、一番数が多いと言えるのが
「美肌になりたい!」というものだと聞かされました。

肌が透き通っているような女性というのは
それだけでも好感度は高くなりますし
可憐に見えること請け合いです。

そばかすに関しては、先天的にシミに変化しやすい
肌の人に出ることがほとんどなので

美白化粧品を使うことで治療できたように思っても
何日か経てばそばかすに見舞われてしまうことが多いと教えられました。

美白が希望なので「美白専用の化粧品を使用している。」
と明言する人も見受けられますが

お肌の受け入れ態勢が整備されていない状況だと
ほとんどの場合無駄になってしまいます。

ニキビと申しますのは、ホルモンバランスの
不規則によるものだと指摘されていますが

睡眠時間が確保されていなかったり、ストレスが多かったり
食生活が偏っていたりといった状態でも生じると言われています。

水分が揮発してしまって、毛穴が乾燥しますと
毛穴に深刻な影響を齎す要因となりますので
11月~3月は、積極的な手入れが必要になります。

2017年2月13日 洗顔の元来の目的って何だろう? はコメントを受け付けていません。 美肌を目指そう!