乱れたホルモンバランスを自分で整える方法ってあるのかな

ホルモンバランスはちょっとしたストレスや
疲労の蓄積などで乱れがちなんですよね。

特に女性の場合は女性ホルモンが
生理周期や妊娠の制御する働きがあるので

女性ホルモンが減少すると生理不順や生理痛
自律神経失調症や不妊など

引き起こす恐れがあるんですよ・・

加齢による女性ホルモンの減少は
更年期障害の症状が出る原因になると言われています。

また、ホルモンバランスの乱れによる
様々な体の不調は女性のみに限ったわけではなく

男性でも主に性機能関連の症状が出るなど
更年期障害を引き起こすケースもあるんですね。

ですので、自分でホルモンバランスを整える方法を
知っておくと何かの時に役立つことも多いんですよ。

ホルモンバランスを自分で整えるためにはまず

ホルモンバランスが乱れる大きな原因とされる
不規則な生活習慣を整えることが1番大切です。

真っ先にやってみたいのはたっぷりの睡眠で
睡眠不足にならないよう睡眠時間を確保しましょう。

眠りを誘うホルモンであるメラトニンが活発になるのが
午後10時から午前2時までの間と言われていますから

この時間帯しっかり眠るように心がけたいですよ。

仕事が忙しくても仮眠をとるなどして
まずしっかり睡眠をとることに気を配ってください。

睡眠については時間だけではなく質も大切になってきて

深い眠りを表すノンレムと浅い眠りを表すレム睡眠を
交互にバランスよく繰り返す事で眠りの質が向上するといわれています。

部屋の温度・湿度・音・光などの環境を
リラックスできるように改善して寝室環境を変えてみたり

眠りを妨げてしまう就寝前の食事やテレビ
スマートフォンの画面を見るなどを避ける対策が効果的です。

特に近頃では眠る直前までスマホを見ている方も増えていますから
いい睡眠を得るためにはほどほどに・・が大切です。

次に食事関してですが、甘いもの油ものが多い食生活や

肉類中心の食生活など偏った栄養バランスの食事も
ホルモンバランスを崩しちゃう一因になるんですね。

野菜や魚類を中心とした栄養バランスの良い食事を毎日続ける事が大切ですし
女性の場合はエストロゲンの作用を持つイソフラボンを多く含む大豆食品や

女性ホルモンの分泌を促進する働きがある
ビタミンEとかB6などの栄養素も意識して摂取する事が大切です。

近頃はPMSを改善する効果が確認されたテアニンなど
ホルモンバランスを整える作用を持つ成分を含むサプリメントを増えているので

そういったサプリメントを利用されている方も多いでしょうが
過剰に摂りすぎるとは副作用を誘発しかねないので注意が必要です。

生活習慣の改善や食事以外でも

ホルモンバランスを自分で整える方法として
ツボ押しも効果的だと言われているので

万能のツボと言われる親指と人差し指の付け根に位置する
合谷などのツボを刺激するのもいい方法ですよ。

ツボ押しなら仕事の合間にもできちゃうし
インターネットで検索するとツボの位置も調べられますから

どのツボを刺激するとどんな効果があるのか?
検索しながら自分でマッサージするのもおすすめですよ。

スマホで検索するならモバイルジェイのようなwifiが便利かもね。

ただ、前述しましたが寝る直前までスマホを見るのはやめておきましょう。

あと、ホルモンバランスはストレスに対して非常に敏感なので
アロマテラピーや好きな音楽を聴くなどリラックスタイムを作ることも重要です。

ウォーキングやストレッチなどの適度な運動を
定期的に行う事もホルモンバランスを整えるのに良いと言われています。

まとめると自分でホルモンバランスを整える方法は
ズバリ生活習慣を整えることとイコールなんですね。

2019年9月13日 乱れたホルモンバランスを自分で整える方法ってあるのかな はコメントを受け付けていません。 元気が1番だよねー