特に妊娠4週目前後は赤ちゃんの健康のために葉酸をしっかり補給して

お母さんが食べているものが
胎児の成長の使われている以上

妊娠中の食事は赤ちゃんのためにも
とっても重大っていえますよね。

ですが、つわりや胸焼けなど
妊娠中はとかく胃腸が弱くなりがちで

普通の食事もできない場合も少なくありません。

つまり、必要性は認識していても
妊娠中の栄養摂取が十分にできないこともあるわけです。

ですから必要に応じてサプリメントを使って

お腹の赤ちゃんが健やかに育つための栄養を補うことは
妊娠中も必要なことであると言えるでしょう。

ビタミンやカルウシム、アミノ酸や鉄分など
妊娠中に摂取したい栄養には様々なものがあります。

葉酸サプリメントは妊娠している時には
特に必要性が高いと言われていて今では周知のとおり

お腹の赤ちゃんが問題なく成長するためにも
妊娠中は葉酸不足にならないように気をつけましょう。

特に妊娠4週目前後あたりの赤ちゃんの神経組織などが
形成される時期に葉酸が欠乏していると

障害を引き起こしてしまう可能性があることがわかってきました。

妊娠4週目に葉酸が欠乏しないようにするには
早期からのサプリメントの利用が必要なんです。

葉酸サプリメントは葉酸が単独で配合されているものもありますが
ビタミンやミネラルがバランスよく含まれているようなタイプもあります。

妊娠中、食事だけでは必要な栄養が確保できないという時でも
サプリメントを使えば効率的に栄養か補給できます。

このように妊娠中は胎児の成長のために
どの栄養も不足しないことが大切ですが

その中でも特に摂っておきたい成分が葉酸なんですよね。

サプリメントを利用して葉酸が不足しないよう
気を付けるのは赤ちゃんにとって大事なこと!

葉酸はDNRやRNAの合成に必要な栄養素で
細胞分裂を活発に行う胎児にとって重要になります。

胎児の神経細胞がつくられている時期に
DNRやRNAに使う葉酸が足りないと

先天性異常を引き起こす場合もあるわけですね。

このことから、厚生労働省は妊娠初期の女性に対し
食事やサプリメントなどで葉酸を摂るように求めているのです。

葉酸サプリにはポリグルタミン酸型と
モノグルタミン酸型の2種類が存在しています。

厚生労働省で推奨されているにはモノグルタミン酸型

ポリグルタミン酸型の葉酸は
モノグルタミン酸型の2分の1ほどしか体内で利用されません。

つまり、同じだけの葉酸を体内で働かせるには

ポリグルタミン酸型はモノグルタミン酸型の
2倍摂取しなければならない計算になっちゃうんですね。

市販の葉酸サプリメントは

妊娠中の女性が使うことを想定している場合は
大抵がモノグルタミン酸が入ったもののようですが

買う前に必ずパッケージ等で確認しておいてくださいね。

ファンケルの葉酸サプリママルラはモノグルタミン酸型葉酸480マイクログラム

妊娠中に食欲が低下したり、つわりがきつい時など
固形物が食べられなくなったときでもサプリなら飲めるし

栄養素を補うことも可能になっているんですね。

錠剤型のサプリメントなら食欲を感じない時でも

水と一緒に飲むこと自体はできますので
赤ちゃんのためにも必要な栄養を補給しておきましょうね。

2019年8月6日 特に妊娠4週目前後は赤ちゃんの健康のために葉酸をしっかり補給して はコメントを受け付けていません。 元気が1番だよねー