足が臭い原因とニオイを抑えるための対処法は細菌対策にあった!

ブーツを脱いだ時、爪を切ろうと屈んだとき
ふと「クサッ」と感じたことはありませんか?

足の臭いが気になっているあなた
その足の臭いは細菌が原因かもしれません。

人間の皮膚にはもともと
目に見えない細菌がたくさんいます。

この、もともと人の皮膚に住みついている最近
この細菌のことを皮膚常在菌とよびます。

皮膚常在菌は我々の皮膚を健康に保つ為には
なくてはならない存在で、劣化した皮膚や皮脂を食べ

外からの害のある菌から
皮膚を守る働きのある物質を作ってくれます。

しかし、皮膚常在菌が過剰に増えることで
皮膚を守る物質を作るときに出る悪臭物質

イソ吉草酸が増えるため臭いが生まれます。

なぜイソ吉草酸が過剰に増えるのか?
それは温度と湿度が密接に関係しているんですね。

皮膚常在菌に限らず菌類は高温多湿を好むものが多いです。

皮膚常在菌も同じく
温かくてジメジメと湿気があるところで繁殖します。

もちろん皮膚常在菌は足の裏などの皮膚にも存在し

長時間靴を履き通気性が悪く
ムレやすい環境で繁殖が過剰になるため足が臭いと感じるわけです。

では、足の臭いを消す為には
細菌の繁殖をどのように抑えればよいのでしょうか?

原因菌の繁殖を抑える方法を簡潔にまとめると

足を清潔にする
靴下をこまめに交換する
靴を干す

この3つの方法まめに行うことで
足の臭いの原因菌は繁殖しにくくなります。

要は足を清潔にするということが大前提で
皮膚常在菌は古くなった皮膚や皮脂をエサに増えます。

ですから足の皮脂や角質をキレイに洗い
エサをなくすことが臭い改善のポイントというわけです。

足の裏は汗腺が多い為、汗をかきやすくなっているんですね。

最近では靴を履く機会が増えていますから

仕事や外出などで長時間靴を履いていると
足はどうしても汗をかいて蒸れちゃいます。

すると汗をすった靴下にも細菌は移りさらに増殖します。

ですので、こまめに靴下を履き替えることが大事

長時間の外出または長時間お風呂に入れない状況のときは
靴下だけでもこまめに履き替えましょう。

履き替えるときに除菌シートやキレイなタオルで
足をふき取るとさらに繁殖を抑えるには効果的です。

抗菌靴下を買ってみるのもよい方法ですよ。

当然、靴も同じように履き続け放置しておくと
菌の温床となってしまいますよね・・

休日には靴をさっぱり洗濯し干しましょう。
天日干しすれば菌の繁殖を抑えるだけではなく殺菌効果もあります。

ただ、革靴など直射日光で痛んでしまう靴は
日陰干しの方が靴の痛みは少ないでしょうね。

陰干しするときは中に新聞紙などをまるめて
靴の中につめると乾きが早くなりますよ。

忙しくて靴の手入れがなかなか出来ないというあなたは

靴のインソールを交換するだけでも
ある程度繁殖を抑えるには有効なんですよ。

でも、インソールも時々は洗わないとだめですよ。
抗菌インソールを使う方法もおすすめですが。

このように、足の臭いの原因は
細菌の増殖により起こるものがほとんどなんですが

ひとつ知っておきたいこととして
病気が原因で足が臭ってくるケースもあるということ

足の臭いと関係がある病気で挙げられるのが
糖尿病とか多汗症などあるんですね。

糖尿病には免疫力低下の作用があり
これにより雑菌が繁殖しやすくなり足の臭いも増し

水虫などにかかりやすくなっちゃうんです・・

また、糖尿病になるとケトン体とよばれる物質が発生します。

このケトン体が大量に発生すると
体臭がすっぱい臭いを放つようになります。

多汗症は、睡眠不足やストレスなどから
自律神経が乱れることで起きることもあります

多汗症の中に、足の裏から大量の汗が出る
足しょ多汗症とよばれるものがあり

足しょ多汗症が原因となって
足の裏に細菌の繁殖しやすい環境を作る為

足の臭いがキツくなっちゃうケースがあるわけです。

あまりにも足の臭いが気になるというあなたは
一度皮膚科で相談してみるといいですよ。

2018年10月7日 足が臭い原因とニオイを抑えるための対処法は細菌対策にあった! はコメントを受け付けていません。 美肌を目指そう!